過去のイベント

開催日:2016年11月5日(土)
天候:晴れ
場所:大山(神奈川県)

紅葉の時期で天気も良い山日和なので、バス停が長蛇の列でケーブルバス停で全員集合でした。
今回は少し長いマイナールートで下山するので、登りは楽にケーブルカーを使います。
人気の大山らしい混雑ぶりで登山道は前も後ろも人だらけでした。
初心者が多かったので、まめに休憩を取りながらも人の波に押し流されるように登りました。
渋滞の登りは予想以上に疲れましたが、天気が良く、ちらほら紅葉混じりの景色と遠くから見守ってくれていた富士山の雄姿が心の支えになりました。
山頂も混み合ってましたが何とか場所を見つけてランチタイムです。
好天下の絶景をおかずにゆっくり食事したい所ですが、すくを脇を多くの人が行き交い、落ち着かないので早々に下山です。
しばらくは通常の下山道と同じなので渋滞ですが脇道に逸れるたとたんに突然人がいなくなり静かな山道に変貌します。
ここからは人波に追われる事もない落ち着いた山歩きになり、途中の開けた展望スポットも独占でした。
登りではちらほらで紅葉には少し早かったかと思いましたが、下りの尾根沿いは赤や黄に染まり、昼下がりの陽射しと溶け合って絶妙な色彩を奏でていました。
その場を離れるのを惜しみながら先に進み舗装された林道にでます。
ここからしばらくは美しい渓流に添って歩き、ちらほら民家が見え始めた先に今回の締めくくりの七沢温泉があります。
とろとろの湯で疲れた身体を回復したら駅前に戻り、腹ごしらえがてらの軽い懇親会で交流を深めました。

開催日:20161023()
天候:曇り時々晴れ
場所:三頭山(東京都)
今回は少し早目の紅葉を期待して、標高1500m超の三頭山を目指しました。
紅葉の時期なのでバス停は長蛇の列で、都民の森バス停で全員合流して歩き始めます。
はじめは舗装された道ながら徐々に急になっていき、更に山道になって息が上がり始めた頃、鞘口峠に着きました。
そこから更に本格的に登山道に入ります。
最初は紅葉は少なく、まだかと思っていたら頂上に近づくと綺麗に紅葉した木々が増えてきました。
真っ赤に染まると言う感じではありませんが、今年は他の山の色付きも良くなかったので、これくらいでも紅葉が見られて十分に秋ならではの風景を楽しめました。
山頂の展望台から見える周囲の様子も緑のなかには、赤や黄色をまぶした様な秋の景色でした。
紅葉の木々の下でランチタイムをとってから下山です。
下りは途中から渓流と交わりながらですが、夏なら渓流の水をかぶって涼んだりしますが、この時期には寒すぎるので、美しいせせらぎの景色を眼で見て癒されるに留めます。
その渓流が幾つも交わり流れが大きくなった頃に、一気に落ちる三頭大滝になって目の前に現れます。
滝の横に紅葉した木があり、滝と紅葉のコントラストは、登山後の格別なご褒美でした。
今回はそれほど長いコースではありませんがバスが長く混雑する時期で立ち乗りになってしまい、参加者の皆さん、お疲れ様でした。

開催日:2016年10月16日(日)
天候:晴れ
場所:御岳山&ロックガーデン
久しぶりのいいお天気でした週末、奥多摩御岳山&ロックガーデンに向かいました。ロープウェイ入口の滝本駅までのバスが行列だったのですが、臨時を出していたため無事時間通りに到着。ロープウェイで御岳神社入口まで着いたところで軽く自己紹介をし、御岳山へ向かいました。
20分ほど歩くと武蔵御嶽神社が見えてきました。ここは犬が守り神のようで多くのワンちゃんがお参り?していました。神社のさらに奥へ入ると御岳山の山頂が。そこから見る奥の院となる山は何とも神々しく、パワーがもらえた気がしました。
ここからいよいよロックガーデンへ。リーダーの私がいきなり道を間違えw七代の滝へ向かうはずが綾広の滝へ。でも結果滝を2つ巡れたのでよかったかな?!せっかくなので、ここで集合写真を撮り、その後休憩所でお昼としました。
昼食後は天狗岩へ。希望者は上まで登り天狗とご対面。そこから七代の滝へ向かいました。かなり下ったので…帰りはこれを登るのか…と不安がよぎりつつも下り本日2つ目の滝、七代の滝に到着。マイナスイオンをたっぷり浴びてきました。問題の帰り道、ダラダラと続く階段に徐々に口数も少なくなり…途中何回か休憩を入れて何とかロープウェイ入口まで戻ってきました。みなさんには頑張ってもらっちゃいました(^^ゞ
下山後は立川まで移動し、二次会を行いました。ほぼ全員の方にご参加いただき、大いに盛り上がりました♪
参加していただいた皆さま、お疲れ様でした!今後ともよろしくお願いいたします。
image1-1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

image2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開催日:2016年10月2日(日)
天候:晴れ
場所:レインボーブリッジ(東京)
今回は趣向を変えて、都心での夜景ウォーキングとして、レインボーブリッジを徒歩で渡るイベントを開催しました。
日曜日の夕方に田町駅の人混みの中を出発しベイエリアの運河を渡って次第に東京湾に近づきます。
すると、黄昏時の夕焼けの中に目の前にそびえるレインボーブリッジの鉄塔が顔をのぞかせました。
高いエレベータで一気にレインボーブリッジの上まで登ると、目の前にはキラキラしたイルミネーションの
ような夜景が広がります。
芝浦側から歩き始め、徐々にお台場に近づいて行くと、煌びやかだが落ち着きのある夜景から、観覧車やフジテレビビルなどの動きのあるエンターテイメント的な夜景に様変わりします。
お台場に着くと、今回は懇親会も趣向を変えて、みんなで買い出しして海浜公園で夜景を見ながらの宴会です。
公園の暗い街灯とみんなが持ち寄ったライトのみで薄暗い中の宴会が出来るか心配でしたが、20名近い参加者全員に参加していただき、時間を忘れて盛り上がり、みんな打ち解けあって惜しみつつの解散となりました。
今回は軽いイベントでしたが、次はまた何処かの山でお会いしましょう。

20161002_01a
20161002_02a
開催日:2016年8月11日(木(山の日))
天候:曇り時々晴れ
場所:大菩薩嶺(山梨県)
今回は、夏の暑さを避ける高い山の企画として、標高2000m超の大菩薩嶺に登りました。
16人の大人数でしたが無事にバスに乗り登山口に到着しました。
歩き始めて暫くした、福ちゃん荘を越えた後の急登では、脚がつる方がいて、上まで登られるか心配もありましたが、良い薬を持っている方や、ミネラル補給のゼリーや、脚のマッサージ等、皆さんの協力で回復し、全員で上まで登られたのは素晴らしい結束力だったと思いました。
間もなく頂上付近の雷岩に着きましたが、あいにくの曇り空で、期待の富士山は見えませんでしたが、時折の晴れ間に大菩薩峠への綺麗な稜線や下方の上日川の湖が見えたので、2000m級の景色は楽しめました。
雷岩でランチ後、大菩薩峠に向かうと、登りの大変さが嘘のように、あっという間に大菩薩峠に着いてしまい、下りてしまうのは早いなと感じました。
大菩薩峠も霧に覆われ、景色は見えませんでしたが、山の日記念バッジがあると言うことで、皆で山小屋の売店を物色しました。
帰りのバスにも予定通り乗れて、駅前の食堂で軽く懇親会を開催して、親睦を深めました。
daibosatsu11
daibosatsu12

開催日:2016年8月6日(土)~8月7日(日)
天候:晴れ一時曇り
場所:甲斐駒ヶ岳,仙丈ヶ岳(山梨県)
今回は、南アルプスの3000m級の百名山2座を2日間かけて登頂するため山小屋泊となります。
3000m級も山小屋泊もサークルとして初めての試みでしたが多くの方に参加頂け、素晴らしい山行になりました。
朝一のバスで登山口に着いたら山小屋に不要な荷物を置いて登山開始です。
始めは涼しげな渓流沿いを歩き、その後、大きな岩がゴロゴロした場所で岩を飛び越える様に進むと、いきなり目の前が開け白く雄大な岩の塊の様な甲斐駒ヶ岳が飛び込んできます。
時折姿を見せる甲斐駒ヶ岳がどんどん大きくなり圧倒されながらも近付くと、山頂迄の険しい岩場の道が見えてきます。
馴れない岩場歩きに苦戦しながらも1歩1歩進み、遂に山頂に到着しました。
山頂直前で霧が出て山頂からの景色は見えませんでしたが、直前の峠で南アルプスの山々を一望出来たので、良かったとしましょう。
下りは予想外に時間かみ掛かりましたが夕食には間に合い、美味しいハンバーグ定食を味わいました。疲れた身体に嬉しい、小さいながら甘い杏仁豆腐が添えられ、元気が回復しました。

2日目の朝も早く、まだ暗い4時には出発ですが、山小屋の半数の方が既に出発していました。。
ヘッドライトの灯りを頼りに進むと、昨日登った甲斐駒ヶ岳の脇から太陽が登り、山中を真っ赤に染める朝日に皆、高揚しました。
徐々に高度を上げ森林限界も越え小仙丈ヶ岳に着くと、目の前に仙丈ヶ岳が現れました。
仙丈ヶ岳に登ってしまうと、南アルプスの女王と呼ばれる仙丈ヶ岳の美しい姿を見られなくなってしまうので、小仙丈ヶ岳でその姿を目に焼き付けて先に進みます。
間もなく仙丈ヶ岳な到着し、山頂の素晴らしい景色を堪能しました。
南アルプス、中央アルプス、北アルプス、八ヶ岳に加え、富士山まで、日本の高い山を見渡した感じでした。
特に、富士山、北岳、間の岳と、日本の高い山の1位2位3位を横に並べて見られるのは、この仙丈ヶ岳だけかもしれません。
後ろ髪を引かれつつも、山頂を後にし、下山します。
登りとは別のルートを通ったところ、何度も美しい渓流を越える涼しげなコースで、水が豊富なせいか花も豊富で、違った山の楽しみ方が出来るコースでした。
下りは思いの外、早く降りることができたので、希望者は帰りに立ち寄り湯に寄って2日間の疲れを洗い流しました。kaikoma11

kaikoma12
senjyou11
senjyou12
開催日:2016年7月24日(日)
天候:曇り
場所:高尾山(ビアガーデン)
ビールが美味しい季節となりましたので高尾山へのハイキングを企画しました。目的はただ一つ、美味しいビールを飲むために汗をかこうというものです(笑)
計画では一号路より登り、途中ビアガーデンで整理券をもらい、頂上へ、その後下山して乾杯!だったのですが、行ってみたらすぐに入れますとのこと。やはりまだ夏本番でなかったからでしょうか。予想以上に空いていたためとりあえず整理券もらわず頂上へ。
途中、薬王院でお参りしたりのんびりハイキングを楽しみました。残念ながら頂上での富士山は拝めませんでした。頂上で全員で記念撮影のあと、本日のメイン、ビアガーデンへ!高尾山のビアガーデ ンはお酒の種類もお食事も豊富でみなさん大満足されていたようでした。2時間たっぷり飲んで食べて、帰りは腹ごなしがてら歩いて下山しました。
参加していただいた皆さま、お疲れ様でした!今後ともよろしくお願いいたします。
1469863072303-2

 

 

開催日:2016年7月3日(日)

天候:晴れ時々曇り
場所:西沢渓谷(山梨県)
朝、集合場所の駅前に集まった時は、既にかなり暑く汗だくのハイキングになるかと覚悟していましたが、バスを降り登山口に着くとかなり涼しい事に驚きました。
渓谷道に入って水辺が近くなると、渓流に沿って吹く風とマイナスイオンでますます涼しくなり、こんな暑い時期には救われるなぁと、思いました。
次々と現れる滝や、不思議な水の流れの風景に、写真を撮るのに夢中になりながら、渓谷の奥へ奥へと向かうと、最後に西沢渓谷一番の見所「七つ釜五段の滝」が見えてきました。
その美しさと迫力には目を奪われますが、ここを過ぎると、渓流沿いの景色も終わりなため、名残惜しみつつ滝の横を過ぎました。
渓谷道の奥のベンチでランチタイムにしたあと、帰りは平らで安全なトロッコ跡を通って下山しました。
塩山駅に戻った後、最後に美味しいと評判の店で名物のほうとうを食べて解散しました。
今日は、渓谷は暑すぎもせず、日射しが当たったり陰ったりを繰り返していたため、水面から反射する光の表情が刻一刻と変化し、様々な景色が楽しめ、素敵なハイキングになりました。
nishizawa01b
nishizawa02b
nishizawa03b
開催日:2016年6月11日(土)
天候:晴れ
場所:尾瀬沼(群馬県~福島県)
今回は、都心からは遠い尾瀬に日帰りするため、車で前日深夜に出発しました。
車の企画も前夜出発もサークル初の過酷なスケジュールでしたが、皆さん無事に集合し出発できました。
未明に現地の駐車場に到着し仮眠後に、早朝5時に出発です。
林道と登山道を歩き標高が上がり、遠くの山々の景色が良く見えてきて最高地点の三平峠を超え、尾瀬沼湖畔の三平下に着きます。
いきなり景色が開けて、沼の向こうに雄大に燧ケ岳がそびえています。
その時ちょうど風が弱まり、水面の波がおさまり、運良くきれいに「逆さ燧ケ岳」が映りました。
まるで風景写真のような世界に、皆この一瞬を逃さないように写真を取りまくりました。
三平下を出発し、沼沿いの木道を歩いていくと最初は枯れてしまった水芭蕉が多くあり、今年は終わってしまったかと思いましたが、その先にまだ花が多数残っている所があり、他にも多くの花々が咲き乱れ、尾瀬らしい景色を堪能しました。
少し歩くと長蔵小屋に着き、沼の逆方向からの景色やその先の広々とした湿原の景色を楽しめました。
帰りは来た道を帰りましたが、朝一で見えたきらきら光る水面と艶やかな緑のコントラストからは、ずいぶんと霞掛かった景色に変わってしまい、違う場所のようでした。
やはり、朝一の景色は格別だと実感しました。
早朝に行動開始したおかげで下山も早く、帰りにはゆっくりと山々の景色が楽しめる立ち寄り湯に寄って、疲れを癒しました。
20160611_OZENUMA3
20160611_OZENUMA1
20160611_OZENUMA2
開催日:2016年6月4日(土)
天候:晴れのち曇り
場所:金時山(箱根)
今回は、少し遠い場所だったため集合時間が早く集まりが心配されましたが結果的に9人となかなかの人数になりました。
初心者向けのコースとは言え、いつもよりはきつめのコースかつ少し岩場もあるのですが、初参加かつハイキングが初めての方が多く、歩ききれるか心配もありましたが、皆さん頑張って無事に歩ききることが出来ました。
天気は歩き始めは晴れていて暑いくらいでしたが、徐々に雲が出てきました。
山頂では強風で寒いくらいでしたが、山頂からの大涌谷や芦ノ湖の眺望はバッチリ楽しめました。
富士山は終始雲が掛かってましたが、運良く、記念撮影の一瞬だけ、富士山頂が顔を覗いてくれました。
下山後は箱根湯本の温泉で疲れを癒して小田原で懇親会を開き、交流を深めました。
20160604金時山02
20160604金時山01
開催日:2016年5月7日(土)
天候:晴れ
場所:奥多摩方面の渓谷(東京都)
今回も多くの参加者に集まっていただきましたが、適度に整備された遊歩道と言うことで、歩きやすいコースなので、皆さんなかなか良いペースで気持ちよく歩いていただきました。
集合の奥多摩駅からしばらく舗装路歩きで少し暑いくらいでしたが、数馬渓谷に入ると日陰もあり、渓谷の景色も涼しさを演出してくれました。
白丸ダムを越えて鳩ノ巣渓谷に入ると、ますます水辺が近くなり渓谷感が更にアップしました。
次に御岳渓谷の河岸でランチタイムを取った後は、上流の渓谷とはまた雰囲気の違う御岳渓谷の穏やかで涼しげな景色を楽しみながら下流に向かいました。
ウォーキング終了後は立川駅に移動して二次会を開催して親睦を深めました。
奥多摩渓谷1-2

奥多摩渓谷2-2

奥多摩渓谷3-2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開催日:2016年4月29日(金)
天候:晴れ
場所:秩父 羊山公園
今回は少し人数が多かったので、はぐれないように進みます。
大淵寺に着くと上の方に観音像が見えるので、頑張って登ると秩父の景色が広がっていました。
次に崖の上に建つ岩井堂を通過したあと先導者がルートミスしてしまい、途中で下山してしまいました。(申し訳ありません。)
秩父の住宅街を経由し、なんとか登山道に戻るとほどなくして羊山公園に到着しました。
美しい芝桜を見ながら出店で買った秩父の名産品を食べてランチタイムを楽しみました。
帰りには秩父駅付近で軽くお茶して親睦を深めて解散しました。
今回も親睦会に全員参加して頂けて、盛り上がりました。
羊山公園1-22016年4月24日(日)
天候:晴れ
場所:秩父 美の山公園(八重桜)

八重桜が見頃の秩父蓑山へのハイキングを企画しました。
朝起きてみると結構な雨が降っており、これは中止にしたほうがとも考えましたが、天気予報のあがるという言葉を信じ決行へ。
しかし、スタッフの私が電車の乗り換えを間違えてしまい、到着が1時間も遅れてしまうという大失態( ゜Д゜)
そこで、2人のスタッフに先に行ってもらうようお願いいたしました。
親鼻駅に到着し、急いで登山道へ。あまりに誰もいないので、本当にこの道で大丈夫かと不安に
なりましたが(笑)休まず登ってようやくみんなに追いつきました。みなさん、私のために細目に休憩をとって待っていてくれたようです。本当にご迷惑おかけいたしましたm(__)m
公園の八重桜は満開で、かなりの見応えでした。いろんな種類があるんですよね。しだれだったり黄色だったり。
お天気もすっきり晴天となり来てよかったなと思いました。
頂上でランチ後、予定を変更して、和同採掘跡地を見に行くことに。
小学校の社会の教科書に載ってましたよね~日本最初の 流通貨幣、和同開珎です。
大きなモニュメントの前でみんなで記念撮影。
その後、銭神様として有名な聖神社へ!こちらは銭神様と言われているだけありお金儲けの縁起の神様が祀られているそうで…。
絵馬を覗いてみると「競馬が当たりますように」とかリアルでびっくり。私たちも負けてはいられないと必死にお願いしてきました(笑)。
 その後、飯能で打ち上げへ。今回は全員参加していただけました。嬉しい限りです♪
焼肉屋さんで今後の企画を相談しながら親睦を深めました。
参加していただいた皆さま、お疲れ様でした!
今後ともよろしくお願いいたします。蓑山2-2

 

蓑山4-2

蓑山3-2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3月21日(月) 白山ハイキング(神奈川県)

直前まで晴れ時々曇り予報でしたが、朝から今にも降りそうな天気で不安な出発になりました。
登山口では、小雨がぱらつきましたが取り合えず晴れると信じて出発です。
険しくは無いですが細かいアップダウンを繰り返すコースで、きつそうな参加者もいましたので休み休み進みます。幸いこまめにベンチの設置された登山道なので、休憩は取りやすく所々景色を見渡せる箇所があり気分も切り替えやすいコースでした。
山頂はが近づくと、先の見えない長い階段や急な登りで苦戦しますが、それを越えれば、都心から江の島や伊豆の方まで見渡せる展望の良い山頂が迎えてくれます。
桜が咲いていれば麓にピンクの景色が広がり素晴らしい光景が期待できますが、今回は開花が間に合いませんでした。
山頂を後に少し歩くと、桜が楽しめそうな道になりましたが、今回は蕾を恨めしく眺めながらの帰り道になりました。
下山した長谷寺は歴史のありそうな立派な建物でした。
長谷寺付近では、桜の代わりに菜の花等他の花々に迎えられました。
その後、飯山温泉で汗を流し、本厚木駅に戻り軽い懇親会で親睦を深めました。
今回は天気は微妙でしたが山頂からの景色は十分に楽しめ久々に温泉にも入れて、良いハイキングになりました。
白山1-2

白山2-2

2016年2月7日(日)
天候:晴れ
場所:秩父 宝登山(ロウバイ)

この時期見頃のロウバイを観に、宝登山に行ってきました。先月の残雪と、前日に降った雪とで、電車から見た一面の銀世界には驚きました!同時にハイキングは難しいかなと…今回はロープウェイで登るしかないのかなと考えました。
長瀞駅に到着し、現地情報を確認してみると、今回計画していたハイキングコースは雪がだいぶ積もっているため危険とのことでしたが、宝登山は何とか登れそうでしたので一安心。予定よりだいぶショートコースにはなってしまいましたが、宝登山の往復を決行することにしました。
20分ほど一般道を進み、登山道へ。途中日陰の箇所はかなり雪が残って凍っておりましたので、転ばぬよう慎重に歩きました。
一時間半ほどで山頂到着。ロウバイの甘い香りがしてきました。
しかし、ハナより団子の我々はまずはお昼ご飯ということに(笑)各自お弁当を食べ、食後はリーダーが温かいコーヒーを淹れてくれました。お腹を満たしたところでロウバイ鑑賞しました。梅も咲き始めてましたので、そちらも楽しめました。
下りは上りより慎重に。途中数名転倒がありましたが…ケガはなく何とか降りてきました。
その後有志で所沢へ。今後の企画を相談しながら懇親を深めました。
参加していただいた皆さま、お疲れ様でした!

宝登山2-2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年1月24日(日)
大楠山ハイキング(神奈川県)
直前まで、雪の予報があり雪道歩きとなる心配もありましたが、雪も降らずに天気もよく、暖かで穏やかな日差しの中の日溜まり歩きとなり、気持ちの良いハイキングが楽しめました。
コース前半は舗装路が続きますが、途中の塚山公園で東京湾越しの房総半島や目的地の大楠山を臨み、気分を変えながら歩きました。
大楠山登山道は急な階段も続き少し頑張りどころでしたが、登り1時間程度の短い登りで、すぐに頂上に着き、相模湾や三浦半島を臨みました。
軽くランチタイムで歓談してから山頂直下の展望台では富士山も拝めました。
下山途中の遊歩道も渓流沿いのスリリングなコースで楽しめました。下山後に逗子駅周辺で海を見ながらのティータイムで語らいました。
今回は、何と言っても、内陸からでは拝められない海の向こうにそびえる富士山を拝めた事は、三浦半島ならではの良さを体感できたと感じました。

大楠山2-2

12月19日(土)

鎌倉裏大仏ハイキング(神奈川県)
当日は快晴で眺めが期待できます。さすがにこの時期は空気は肌寒いながらも、日なたを歩いていると、少し温かくもなりました。鎌倉らしい寺院の横を幾つか通りすぎ、切通し的な小路も抜けながら歩くと、1時間程度で最初の目的地の六国見山に着きました。
低山ながら眺めは格別で、大きくそびえる富士山や、鎌倉の市街越しの海の先には伊豆大島まで臨めます。更に別の方向には、横浜みなとみらいの街並みまで臨める絶景スポットでした。
六国見山から明月院や浄智寺等のある鎌倉の街並みを過ぎ、次の目的地、源氏山に着きました。
ここで軽くランチタイムをとってから、有名な銭洗い弁天に立ち寄った後、裏大仏ハイキングコースを通り大仏様のいる長谷駅方面に下山しました。
今回は予定より結構速く歩けたので、鎌倉でゆっくりとお茶しながら親睦を深められました。

鎌倉1-2

2015年11月22日(日)
武甲山ハイキング(埼玉県)
西武線の横瀬駅に集合時点で微妙な天気で武甲山は霧の中でしたが、登山口に向かってる途中で、弱い霧雨が降りだしてしまいました。各自必要に応じて雨具を着込んでの出発になりました。
コース自体はそれほど難しい事の無い単調な登山道ですが、雨で少し滑りやすい箇所もあり気を付けて進みます。
山頂も雨の影響で見えるはずの秩父一望の景色は、残念ながら真っ白の霧の中でした。
下山はますます滑りやすいコースでしたので注意して歩きました。
途中で山間の谷間に少し残った紅葉が見える箇所や、登山道終盤に紅葉に囲まれた滝や渓流があり、疲れも癒してくれました。
あいにくの天気で足元も良くありませんでしたが、5時間のロングコースを、皆さん最後まで怪我等もなく歩ききりました。皆様、お疲れ様でした!

DSC_0364-1-1

2015年11月3日(火)

天候:晴れ
場所:奥多摩 川苔山(百尋の滝)
奥多摩で人気の山、川苔山に行ってきました。
頂上まで登るのはかなりハードであるのと、日の入りも早いため
安全性を考え、途中の百尋の滝まで行き、そこでランチをして戻る
行程で行きました。
奥多摩駅で集合し、バスに揺られて30分。川乗橋バス停にて下車、
自己紹介・ストレッチをしていざ出発です!
登山口までまでは40分ほど林道を歩きます。紅葉が素晴らしく
皆さん各々撮影を楽しみながら進みました。
登山道に入ると渓流沿いを歩いて行きます。登山道は少し狭く
落ち葉で滑りやすいため気を付けながらゆっくりと進みました。
1時間ほどで本日の目的地、百尋の滝に到着。
落差約40メートルの滝で、かなりの迫力がありました。
マイナスイオンを浴びながら、こちらでランチ休憩。
リーダーがホットワインを作ってくれてそれを頂きながらの
滝の鑑賞、贅沢な時間を過ごしました。
その後、無事に全員下山。帰りのバスの満員具合には
驚きましたが、奥多摩駅に到着、現地解散しました。
その後、希望者で河辺駅に下車し、梅の湯という日帰り温泉施設へ。
汗を流した後、お食事処で軽く打ち上げをしました。
紅葉に滝に温泉と充実の企画となりました。
みなさまお疲れ様でした。

川苔山-2

9月12日(土) 大菩薩嶺ハイキング(山梨県)
早朝の地震で電車が遅れ、西沢渓谷行きのバスに乗れなくなったため、急遽、前回雨で中止した大菩薩嶺に変更になりました。
歩いていると雲に包まれて白くなったり、晴れ間が覗いたりの繰り返しで、歩くには暑すぎず寒すぎず丁度良い天気でした。
みんな結構良いペースで歩け、コースタイム通りに雷岩に到着しました。
雷岩では真っ白で景色が見えなかったので展望のない山頂を往復して戻ったところ、丁度雲が流れて下方の街からこれから進む稜線まで、景色が広がりました。
標高2000mらしい、素晴らしい景色を楽しみながらの稜線歩きを堪能しました。
2000mの高山とはいえ比較的歩きやすいコースだったので最後までコースタイム通りに歩けました。
バスで駅に戻ってから駅前の食事処で軽食を取りながら山話で盛り上がりました。大菩薩嶺1-1-1

大菩薩嶺3-1-1
開催日:2015年8月2日(日)
天候:晴れ
場所:奥多摩 高水三山
奥多摩の人気コース高水三山に行ってきました。
軍畑駅で集合、登山口までまでは40分ほど一般道を
歩きました。この日は最高気温が35度の猛暑日。
みなさん、最初が一番大変だったかもしれません。
登山道に入ると徐々に日蔭もあったのでこまめに
休憩を取りながら進みました。
最初の山、高水山手前の常福院に到着したのがお昼。
ここで昼食を取りました。
その後、高水山山頂、そこから今回のコースで最も展望がよい
岩茸石山へ向かいました。奥武蔵の山々が一望できました。
そして3つ目の山、惣岳山を経て御岳駅へ下山しました。
下山途中に鹿親子の追いかけっこに遭遇しました。
可愛らしい姿にほっこりしました。
下山後は立川で親睦を深めました。
猛暑の中、みなさま本当にお疲れ様でした。

高水2-2-1

 

 

 

 

 

 

 

高水1-1-1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開催日:2015年7月12日(日)
天候:晴れ
場所:丹沢 大山

今回はケーブルカーが改修工事中とのことで大山ケーブル駅から登山スタートしました。
最高気温が32度あっただけにみなさんすぐに汗だく。無理は禁物なのでこまめに水分補給、休憩を
取りながら、頂上を目指しました。
雲が厚く残念ながら富士山、江の島の絶景は望めませんでしたが、相模原の辺りは広く見渡せて
清々しい気持ちとなりました。
下山では鹿数匹と遭遇。かなり近づけたのでみなさん大興奮で写真を撮っていました。
そして全員無事下山。
 下山後は希望者で二次会へ。汗をたくさんかいた後のビールは最高でした!

1436792379961-1-1

 

 

 

 

 

 

 

開催日:2015年5月30日(土)
天候:晴れ
場所:陣馬山
1433152757105-1-1

 

 

 

 

 

 

 

開催日:2015年5月2日(土)
天候:晴れ
場所:秩父 琴平丘陵
集合の影森駅を出発すると、映画に出て来そうな古い時代の雰囲気のある街並みを抜け、大きな観音像のある秩父札所の大淵寺や、崖っぷちに建つ岩井堂を巡りました。細かいアップダウンを繰り返す本格的登山道に加え、所々小さな岩場もあるコースでしたが、全員無事に歩ききりました。
快晴の天気で少し暑いくらいでしたが、丘陵を吹き抜ける気持ちの良い風と、新緑の森を抜ける淡い翠の光に癒されました。
登山道を抜けると、羊山公園で芝桜を観賞しながらランチタイムをとりました。更に、秩父札所の慈眼寺や今宮坊で樹齢千年の龍神木を廻った後に、ティータイムで親睦を深めました。

IMG_0005-1

IMG_0009-1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開催日:2015年3月21日(土)
天候:曇り
場所:六道山
IMG_0003-2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開催日:2015年2月1日(日)
天候:晴れ
場所:鷹取山
天気は雲一つ無い快晴で、気温はこの時期らしい寒さですが、日なたで歩いていると少し暖かく感じることもありました。住宅街の合間の低山ですが、登山道は小さな沢や軽い岩場や鎖場など、バリエーションに富んでいて楽しめました。天気が良かったので、頂上からは、360度の大展望で、房総、伊豆、富士山、都心のスカイツリーまでよく見渡せました。計画通り13時頃に下山し、希望者でランチに行き解散しました。

DSC_0039_xlarge-2

 

 

 

 

 

 

開催日:2014年10月26日(日)
天候:曇り
場所:大山
参加人数:21名(男性11名、女性10名)
oyama1-2

 

 

 

 

 

 

 

oyama2-4

 

 

 

 

 

 

 

 

開催日:2014年7月27日(日)
天候:晴れのち曇り
場所:天園ハイキングコース(鎌倉市)
参加人数:27名(男性16名、女性11名)

鎌倉アルプス行ってきました。北鎌倉駅前に集合し3つの班に分かれてスタート。建長寺を経由して、山頂の大平山に向かいました。途中、勝上獄展望台で休憩を取ったりしながら、16時過ぎに山頂の大平山に到着しました。その後は下りでしたが、鎌倉宮で休憩を取り、鶴岡八幡宮で記念撮影をして終了。その後有志で2次会に行きました。参加された皆さんお疲れ様でした!
IMG_0025-2

 

 

 

 

 

 

IMG_0030-2

 

 

 

 

 

 

 

 

開催日:2014年4月19日(土)
天候:曇り
場所:御岳山(青梅市)
参加人数:17名(男性8名、女性9名)

奥多摩ではメジャーな御岳山を登りました。予定通り10:30に御嶽駅に集合し、バス停へ移動。10分ほどで滝本駅に到着し、ケーブルカーへ乗車。数分で御岳山駅へ到着し、人数が多いので二つの班に分かれて登山開始。登山と言っても、既にケーブルカーで標高800m以上の地点に来ており、登山路の傾斜はかなり緩やか。集落を過ぎた辺りに御神木「神代ケヤキ」を発見、その後商店街を過ぎるとすぐに武蔵御嶽神社に到着。大きな鳥居のある立派な神社でした。その後、御岳山で人気エリアのロックガーデンへ。途中、天狗岩や綾広の滝などの見どころもあったり、昼食休みもとって神社辺りに戻ってきました。最後の目的地であるつるつる温泉を目指し、日の出山方面へ。曇ってましたが日の出山からの景色はなかなかのものでした。そこからひたすら下山路を歩きようやく下山、公道へ。しばらく公道を歩いたら、つるつる温泉の駐車場と建物が見えやっと到着。つるつる温泉というだけあって、確かに入浴中の肌は不思議なくらいつるつるでした。温泉を上がり次は2次会へ。皆が帰りやすい場所ということで、立川駅前で開催。今回茨城や山梨など遠方から参加された方もいましたが、参加された皆さんお疲れ様でした。

IMG_0023-1-1

 

 

 

 

 

 

 

開催日:2014年3月30日(日)
天候:雨のち曇り
場所:生田緑地(川崎市)
参加人数:23名(男性12名、女性11名)

今年初のイベントとして生田緑地散策をしました。 散策イベントではあったが、当日は雨でかつ台風のように風が強くどう考えても散策は不可能。当初予定していた日本民家園の見学は中止とし、その代わりにプラネタリウムに行きました。プラネタリウムでは、悪天候にもかかわらず意外にもたくさんの人。富士山から見える夜空という前提での説明もあったが、あまりに星が多いのでナレーションによる説明があったときは星座がわかっても、その後直ぐに混乱してしまいました。山から見る夜空が一番星がよく見えるということなので、いつか夜登山して夜空を見たいなと思いました。
プラネタリウム終了後には皆で移動して、岡本太郎美術館に行きました。なかなか立派な建物で、一般客もちらほら。作品はどれも独創的、抽象的で、岡本太郎ワールドが広がっていました。何を伝えたいのか理解しづらい作品もあったが、社会に対して何かを伝えたいという熱いエネルギーを感じました。参加者の皆さんはどう感じられたのでしょうかね。
美術館での観賞を終え、帰路に。有志で駅前のファミレスで軽く二次会をしてイベント終了しました。参加者の皆さん悪天候の中お疲れ様でした。

DSCF7701-1-1

 

 

 

 

 

 

 

開催日:2013年11月17日(日)
天候:晴れのち曇り
場所:日和田山
参加人数:12名(男性7名、女性5名)

埼玉県にある日和田山にハイキングしてきました。
最寄りの武蔵横手駅に集合して11時にスタート。駅から100mほど東方向へ歩くと登山口の入口があり、そこを入って道なりに進む。初級者向けの山ということもあり、傾斜はかなり緩やか。まず最初の見どころは、「五常の滝」。スケールは大きくはないが、地図情報では高麗一族の伝統ある清冽な滝とのこと。近くまで接近でき涼しげな空間でした。その後、北向地蔵を経由し、13時頃に物見山に到着。あまり広い場所ではないですが、ベンチがあり、そこを陣取って皆で昼食。小さな子供連れの家族の方も何組かいました。その後、目指すは山頂の日和田山。途中休憩を入れながら、14時半にようやく日和田山に到着。都内一望できるポイントだが、残念ながら若干霧がかかっておりぼんやりとしか都内ビル群などは見えず。スカイツリーも見えず、残念。近くの日高市や彼岸花で有名な巾着田はよく見えました。
傾斜のきつい男坂ではなく、傾斜のゆるい女坂を経由で下山。大きなトラブルなく、無事終了。登りも下りもかなり傾斜が緩やかな山なので、初登山の方や初級者にはもってこいの山です。
下山後は、有志で飯能駅近くのファミレスで軽く打上げして皆で帰路へ。参加者の皆さんお疲れ様でした。

IMG_0014-1

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0016-2

 

 

 

 

 

 

 

開催日:2013年11月4日(祝)
天候:雨のち曇り
場所:光が丘公園(練馬区)
参加人数:36名(男性19名、女性17名)

バーベキュー好きの知人との共同のもと、親睦バーベキュー会を開催しました。
あいにくの天気で、午前の準備段階では時折雨が降ったり止んだりの状況で、キャンセルが多数出るのではと不安いっぱいでしたが、集合の正午には雨が上がりキャンセルもほとんどなく何とか無事にバーベキューができました。食材は、肉と野菜だけでなく、今回は秋鮭ときのこのバターしょうゆ風味や焼きリンゴのヨーグルトかけなど手の込んだ料理やデザートも登場し、参加者には大変好評でした。クローバー会員だけでなく今回は知人の知合い友人も多数参加され、参加者はいろいろな方面の方と親睦を深められたと思います。今シーズンのバーベキューは今回で終了ですが、また来年の春には楽しくバーベキューがしたいものです。

IMG_0009-2

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0011-2

 

 

 

 

 

 

 

 

開催日:2013年10月19日(土)
天候:曇り
場所:高尾山
参加人数:16名(男性8名、女性8名)

登りは稲荷山コースで、人数が多いので2つのグループに分かれ登りました。
山道はある程度整備させているが、時々木の根が隆起しており意外と険しい。途中何度が休憩を入れ約1時間半で山頂に到着。山頂広場では老若男女問わずあまりに多数の人がいてビックリ!おきまりの集合写真をとり、少し移動して紅葉台で昼食。そこにも多数の人が昼食をとっており、改めて高尾山人気に感心。下山は1号路で。途中参加者の要望で天狗焼という焼き菓子を買いたいとのことで、女性数名が先行。その後、そのお店の前に並ぶ彼女らを発見。思わず自分も天狗焼がどんなものか気になりついでに買ってもらった。外はパリパリ中は黒豆あん、甘すぎずなく意外にいける!美味しい!
その後、会話しながらスローペースで下山。15時半過ぎに高尾山口に到着、解散しました。登山が初の方もいる中、何とか無事に終了できて良かったです。

IMG_0006-2

 

 

 

 

 

 

IMG_0008-1

 

 

 

 

 

 

 

開催日:2013年9月22日(日)
天候:晴れのち曇り
場所:高水三山
参加人数:10名(男性6名、女性4名)

ハイキングサークル クローバーの初イベントではありましたが、10名集まり何とか無事に開催することができました。
登山を開始して暫くは順調でしたが、途中参加者(ではなく主催者!?)の靴のソールがはがれてしまうトラブルが発生!しかし、参加者が持参していたテーピングを使った応急処置により何とか歩ける状態になり、最後まで問題なく歩くことができました。感謝です。初級者向けの山ではありますが、思っていたよりも傾斜はきつく特に登りは大変でしたが、頂上の岩茸石山からの景色はなかなか良かったです。下山後は、有志により河辺駅近くにある梅の湯で汗を流し、軽く打上げを行いました。

IMG_0001-2